6月の読書メーター

Diary

6月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1468
ナイス数:30

ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)ミステリー・アリーナ (ミステリー・リーグ)感想
ミステリーの結末を当てて行くゲームではなく、裏に何かありそうな展開?と思っていたら壮大な国家政策やらもう何でもアリな展開とか、笑えちゃうミステリー?それでも個人の犯人予想のコメントは過去のミステリー作品をもとにしていたり、マニアックな情報を知っていたりミステリー部分以外にも伏線があって楽しめた。
読了日:06月28日 著者:深水 黎一郎
義経 (新潮文庫)義経 (新潮文庫)感想
司馬さんの義経を読んだけれど、大河ドラマとはかなり違っていたので、原作となったこちらを読んでみた。宮尾さんが義経の生き様を語っているような優しい文章で、より義経が悲劇の人のように感じる。ただ、かなり内容は少ないので、義経以外の登場人物はうっすらとした印象。
読了日:06月19日 著者:宮尾 登美子
新装版 義経 (下) (文春文庫)新装版 義経 (下) (文春文庫)感想
政治感覚の欠落と生まれながらの礼儀の無さが、ここまで天才的な戦をしている義経を追いつめてしまった。というか義経がこどもであるならば、それを大人たちがいいように利用したとしか思えないよな~。ただ兄に認められたかっただけなのに、それを拒絶した頼朝、義経の人気に嫉妬しただけじゃん?とか思ってしまう。政治家頼朝「幕府」のはじめとなる人だけどこの本を読む限りそれ程の凄さを感じなかったわ。
読了日:06月14日 著者:司馬 遼太郎
ネバー・ゴー・バック(下) (講談社文庫)ネバー・ゴー・バック(下) (講談社文庫)感想
ラストはあっけないというか、もっと凄い戦いが待っているのかと思っていたら、謎解きして、あっさりと終わった印象。映画とは違う展開だったけれどちょっと期待しすぎたかも。小説のリーチャーは強すぎるわ。
読了日:06月07日 著者:リー・チャイルド

読書メーター

6月は4冊だけだったのね。
小説以外の本も読んでいるのだけど、そのジャンルは登録していないので少なくなってしまった。

今年は100冊は無理だな~


スポンサーリンク


Diary

Posted by chaki