スポンサーリンク

近松心中物語

Diary

近松心中物語@新国立劇場 中劇場

お友達に誘われて行ってきました。
この劇場は2回目、段差があるので後ろの席でも観やすい。

ジャニーズ絡みやミュージカル以外での舞台は凄く久しぶりな気がする。
しかも内容はシリアスな心中もの。

1部は骨組みだけのセットがいくつも組み合わさって様々な町の表情を作っていく。
そこにつけられた沢山の赤い風車がとても印象的で華やかな雰囲気と和やかさを感じる。

そして2部は2つのカップルを中心に最後へと向かっていく・・・のだけど。

忠兵衛の梅川に対する狂おしいほどの恋心は私には伝わってこない。
二人の物語の時間が短すぎる。

むしろ与兵衛とお亀のほうが微笑ましかったりいじらしかったり。
会話の中からも伝わってくる。
どっちの物語がメインなのか。

2部の後半で小さい笑いを誘いすぎるのも、物語が中断させられたようで気になった。

この出演者たちならもっと凄みや狂気を出してもよかったんじゃないかと思う。
心中ものなのに、なんだか軽い気がしたんだよな~


スポンサーリンク


スポンサーリンク

Diary

Posted by chaki