Diary

4月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2358
ナイス数:53

ブルーバード、ブルーバード (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)ブルーバード、ブルーバード (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)感想
アルコールの問題を抱える黒人のテキサスレンジャー。しかも停職処分中。そしていまだに人種差別が残る地域で起こる事件。確かにテーマは重いし、ミステリーではあるのだけどダレン、それでいいのか?と何度も思ったし、ランディの言動もちょっと理解できなかったり。事件は解決するけれど最後の展開はありきたりだったな。
読了日:04月29日 著者:アッティカ ロック,Attica Locke
キッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のことキッチンで読むビジネスのはなし 11人の社長に聞いた仕事とお金のこと感想
会社のトップである社長さんたちへのインタビューだけど、堅苦しいところはなく、日常の思考に取り入れるヒントが沢山ちりばめられている。仕事ではなく日々の暮らしへの紐付の本ではあるけれど、これから自分で事業を立ち上げようと考えている人たちが読んでも参考になるはず。やはり成功した方たちは違うな~。私も色々と参考にしようっと。
読了日:04月21日 著者:一田 憲子
凍感想
読んでいてこれ程辛くなる本は初めてかも。画家の語りは哲学者のようで、だからいったいなんなのさ~と思いながらも読んだけど。誰かが亡くなったり、火事があったりするけれど、だからと言ってストーリーが展開するでもなく、ただただ画家がくどくど語る。私にはこの本を理解するのは無理だった。
読了日:04月18日 著者:トーマス・ベルンハルト
ザ・プロフェッサー (小学館文庫)ザ・プロフェッサー (小学館文庫)感想
一気に読めるくらい面白かった、が、悪人が判りやすいくらいの極悪人で、昔の映画に出ていそう。登場人物のキャラクターが手に取れるように判りやすく展開も読めるので、どう決着するのか?楽しみにしていたけれど、それか~。もうちょっと主人公たちに膨らませて欲しかった。続編もあるとの事なので出れば読みます。
読了日:04月12日 著者:ロバート ベイリー
チェンジング・ブルー――気候変動の謎に迫る (岩波現代文庫)チェンジング・ブルー――気候変動の謎に迫る (岩波現代文庫)感想
気象学、地質学、海洋学など・・・私にはハードルが高すぎて、取り敢えず読んでみたけれど理解できていないことが大半。でも過去から学ぶことや科学の進化、研究者の努力や熱をほんの少しでも感じ取れればいいのでは?と自分を納得させた。
読了日:04月07日 著者:大河内 直彦
潔白潔白感想
何のための司法なのか?人に寄り添うのではなく権力に寄り添う人間たち。そもそもいきなり死刑執行ってあり?どこまでが全くのフィクションなのか、事実を含んでいるのか。最初から最後までやり場のない怒りと悲しみが漂う一冊だった。
読了日:04月04日 著者:青木 俊

読書メーター

GWは10連休、通勤時間がないということは本を読むことがなくなるということなので、まったく本を読んでいない今日この頃。
ほぼ毎日のように出かけているけれど、10連休なんてあっという間に終わっちゃうんだろうな~


スポンサーリンク


SWEETS

先月は予定が合わず行けなかったユイミコさんの和菓子講座。
4月の和菓子は山吹(練切)と花筏(金団)

勿論これは先生の作品。

山吹の小さい花がどうしてもうまく行かず、残念この上ない出来上がりにがっかりして家でさっさと食べた(涙)

今度復習しなければ。
でも和菓子は楽しいので、色々な道具を買おうと計画中。
練り切りも綺麗に作れるようになりたい~


スポンサーリンク