V6

やっと観てきた「来る」


公開初日に旅行に行ってしまったり、その後もなんだか忙しくてやっと観に行ってきた。

宣伝の仕方がコメディチックで、ホラーなのに大丈夫なの?とか思っていたけれど、コメディだった。
確かに内容はホラーなんだけど・・・ホラーだった?
って言うか!!

おどろおどろしいものより毛虫がものすっごい嫌だった。
虫とかは平気だけど、毛虫系が大嫌いなので結構辛い。

原作を読んでいたのでそんなにホラー感はあまり感じなかったけれど、映画はそれ以上に無かった。
小説と比べてアレについては殆ど掘り下げてないし。

なんといっても「オ~ムライス」しか残っていないんだもの。

予告編で出てきたサスぺリアのほうが恐ろしい感じだった。

だからと言ってつまらないわけではなく、エンターテイメントとして面白かった。
怖いのが苦手な人でも大丈夫だし、それぞれのキャラクターが強烈(特に黒木華)で楽しい映画でした。


スポンサーリンク


V6

V6の新曲発売決定。

いつものサイクルと違うって事は、来年もう一枚出る?え?アルバム!?ツアー!?とかいろいろ考えてしまうわ。

V6、50枚目の節目を飾るシングルは現在OA中のアニメONE PIECE主題歌「Super Powers」。そして、清水翔太作詞作曲による恋愛ソング「Right Now」のダブルAサイドシングル。通常盤収録には、昨年のアルバム以来となるトニセン曲、カミセン曲が収録。トニセン曲は、秀逸なPOPセンスを持つトオミヨウ氏。カミセン曲はブラックミュージック由来のゆったりとしたグルーヴを奏でるのが得意なバンドDENIMS。バラエティに富んだ一枚になること必須。

トニカミ曲が気になる~


Super Powers / Right Now(DVD盤)【初回盤A+初回盤B+通常盤(初回仕様) 同時購入セット】

同時購入じゃないと特典のV6アクリルスタンドがつかないって事ね。
今回の滝沢歌舞伎もそうだったけれど、あちこちで予約しなくて済むのはラクでいいわ~

そしてアクスタ!やった~!と思ったら「V6アクリルスタンド(1個)」1個って事は全員まとまったアクスタ?
え~一人ずつがいいなぁ、ってそれはツアーグッズになるまでのお楽しみ?来年?

なにはともあれ来年のグループ活動の予定が早々に決まって良かった。


スポンサーリンク