Diary

最近よく眠そうな顔をしているねと言われるけれど、眠そうじゃなくて眠いんです!
一瞬で眠れる。
立春だもの。

眠くて眠くてしょうがない。
テレビを観ながら寝ちゃうこと数回。
最近はお風呂で寝ちゃってる。
危ない危ない。

じっとしていると寝てしまいそうなので、2月だし、今年の予定をざっくり考えてみた。

1月、お正月明けであっという間だし、なんだかんだ仕事が忙しく終了。

2月、28日しかないからわりとあっという間な気がする。
確定申告もしなきゃいけないので忘れずに。
ちょっと温かくなってきたからジムにもちゃんと通わなきゃ!
下旬からは六本木歌舞伎も始まるからワクワク。

3月、六本木歌舞伎、さて何回観るのでしょうか?取り敢えず前半はワクワク。
温かくなってきたからジムにもちゃんと通わなきゃ!

4月、滝沢歌舞伎ZEROチケット当るといいな~
そして仕事関係、各方面調整に忙しくなる予定、それによってこれからどうなってくるか決まるので、気合を入れていかなければ。
ジムに・・・以下省略。

5月、前半GWだし休みだしあっという間に過ぎるね。
新元号に変わってあわあわする。
ジム。

6月、梅雨は憂鬱だけど、ボーナスあるだろうしなんだかんだで耐えられる。
V6のツアーが発表されると信じてる。

7月、V6のツアー日程でさてどこに参加するか、チケット取れるかといろいろやきもきしていると信じてる。
そして仕事関係、決まっていれば色々計画&手配しなければいけないのであっという間の予定。

8月、夏休み~そしてこれ以降、未定。どっちに行くのか?行けるのか?
自分の頑張りだけではどうにもならないけれど、頑張るしかない。
それによっては引越しも考えようっと。


スポンサーリンク


Diary

1月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2261
ナイス数:65

堕天使の報復 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)堕天使の報復 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)感想
主人公がスパイになっていく展開は何となく予想できちゃうし、ラストもそうだろうな~と思ってた。ちらりとしか出てこない名の無い男性がカッコいい。かなりのページ数で読むのに苦労したわりにはそれ程ハラハラしたり、主人公に感情移入したりはなかったので、人にお勧めは出来ないかな。
読了日:01月31日 著者:マーク バーネル
残像に口紅を (中公文庫)残像に口紅を (中公文庫)感想
実験的な小説だけど、読んでいてあまり面白くなかった。凄いなとは思うけれどラストに向かうにつれてかなり読み取りにくくなっていて時間がかかったし。第2部からは主人公のキャラがよく判らなくなったり、でも全ては虚像だから。ちゃんと使っている文字の統計を取って書かれてるのね。私だったら逆から書くかな~とは思うけれど、無理に決まってるね。
読了日:01月25日 著者:筒井 康隆
黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (祥伝社文庫)黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (祥伝社文庫)感想
竹島の奪還がテーマではあるけれど、殆どが陸自の基地内でのやり取りで進んでいく。ニュースでも目にすることの多い竹島だけど、遠いところでの出来事のように思えてしまってるし、韓国に対しても実際何が進行中なのか全く判ってない。まさに平和ボケ状態。小説としては謎解き要素もあり、緊迫する場面もあり面白かったけれど、文字で読むだけではイメージできないことが多数。個人的には杉井が一番好き。
読了日:01月20日 著者:数多 久遠
ナンバーナンバー感想
主人公が事件をサクサク解決するわけでもなく、え~駄目じゃん!となること数回、それでもリアルな状況が面白くて一気読み。捜査1課ではなく知能犯を扱い捜査内容も謎が多い2課が舞台。これからどんな事件と向き合うのか、西澤はどう成長するのか?続編も読みます。
読了日:01月15日 著者:相場 英雄
フォルトゥナの瞳フォルトゥナの瞳感想
最後の展開は想定内でもうちょっと上手く隠してほしかったな。登場人物たちもいまひとつ魅力を感じられなかった。特に主人公。もしもあの時こうしていれば今は違ったかも、と言う事はたまに思うけれど、特殊能力で人の運命を変えてしまうとか、未来を変えるのは反対派。
読了日:01月13日 著者:百田 尚樹
深淵の覇者深淵の覇者感想
最近の隣国とのあれこれも気になるところにタイムリーで読んで、政治的な事とか対応とか色々と考えてしまう。ただ小説としては面白かった。全てを理解するにはちょっと難解だったけれど、アメリカのテレビドラマのラスト・シップを観ていたので、海での戦いはうっすらと想像できたのも良かったかな。空自が舞台の小説も読みます。
読了日:01月11日 著者:数多久遠

読書メーター

1月は休みが多かったのであまり読めなかった。

最近日本の作家さんの小説をよく読んでいる。
海外ミステリーが好きなんだけど、どの本を選ぼうか考えるのがちょっと面倒くさくなってきていて、そうするとレビューの多い日本の小説に偏ってしまう。
何冊か借りている本があるので急いで読まなければ!


スポンサーリンク